会計事務所記事一覧

会計事務所で働いている人が辞めたいと思う理由の一つに職場環境に対しての不満があります。会計事務所では公認会計士や税理士など、専門の資格を有していなければ重要な仕事を任せてもらえず、なかなか給料が上がらない傾向にあります。優良な会計事務所であれば資格を取得するための勉強時間を認めてもらえるのですが、そうでない事務所の場合勉強時間は自分自身で確保するしかありません。しかし決算期など繁忙期になると毎日の...

例えば、暖房器具を中心に扱っているメーカーは秋冬が忙しいというように、会計事務所にも繁忙期というものが存在します。一般的な会計事務所というのは、中小企業と業務契約を結んでいることが多いため、年末調整・所得税の確定申告・決算申告といった年3回が繁忙期という事になります。決算期というのは各会社によって異なりますが、日本国内で最も多いとされているのは3月決算の会社です。法人の確定申告は、決算から2か月後...

会計事務所は給料が安いと言う方が多くいます。税理士や会計士等が働く会計事務所は職人の世界とも言われます。経験や資格の有無が評価を左右する業界ですから、入所してすぐに高い給料を得る事は難しいのも実情ではあります。給料が安い業界とはいっても資格を取ってキャリアを積んでいけば独立して自分の事務所を構えるようなことも可能になっていきます。給料が安いといっても将来性は高い業界ですから、目先のことは考えずに働...

会計事務所に就職するためには、税理士や会計士の資格が必須のように思えますが、実際はそのようなことはありません。無資格でも働けるところも数多くあり、求人情報を調べれば簡単に見つけられます。しかし、無資格の場合は、資格を持っている方よりも年収が低くなるのは当然なので、そのことを知った上で働き始めましょう。もちろん、会計事務所に入ってから、年収を上げる方法もきちんと存在しています。

会計事務所は暇な時期と忙しい時期の仕事量が極端に違います。ほとんどの会計事務所は12月から翌年5月までは残業が非常に多くなり、月の残業時間が100時間を超えることがあります。12月にはクライアントである各社の社員の年末調整の仕事が続々と入ってきます。そして1月に各社員の住所のある市町村に、住民税を決めるための給与支払い報告書を出し終わったら、今度は個人事業主から確定申告のための書類が送られてきます...

会計事務所の仕事は、繁忙期とそうでない時期の差が激しい仕事のひとつです。繁忙期は残業が多くなる可能性が非常に高く、仕事がつらいと感じる人も多くいます。反対に、繁忙期でない時期はゆとりがあり、暇だと感じる人もいます。会計事務所の繁忙期は、1年でいくつかの時期に分けることができます。おもに5月と年末から1月、そして3月ごろが繁忙期にあたります。基本的に多くの会社は3月に決算を行います。そして、法人税な...

会計事務所の人間関係を一言でいうと、プロ意識が強い人の集まりであるとともに、厳格な上下関係が存在する組織であるということです。会計事務所を構成するのは、公認会計士の資格を有する人と、その下で作業を担当するスタッフ、そして事務所の事務などを行う人の大きく三種類に分類できるのですが、特に公認会計士は会計の専門家としての強い自覚を有しているクールなタイプの人が多いため、それぞれが自立して淡々と業務をこな...

会計事務所では、正社員以外にもパートやアルバイトが働いている場合があります。いずれ正社員になりたい人が、パートやアルバイトとして勤め始める場合もあれば、会計士や税理士の仕事とは関係のない仕事を行う事務員の人々がパートとして仕事をする場合もあります。さらに、正社員として働いていた人が、何らかの資格を取得したいと考えて、資格の勉強の時間を確保したいとして正社員からパートの勤務形態に変わることもないとは...

会計事務所は、そのほかの仕事と比べて比較的離職率が高い仕事といえます。それは、労働環境が悪いといったことが原因であるといったことが原因とは限りません。基本的に会計事務所に勤め、一定のキャリアを積めば、経理分野においての転職が容易になるからです。一度スキルや知識を身につければ、おおよそどの企業や会計事務所であっても、経理に関する仕事を行うことができます。税務や会計に関する仕事は、法律に則って行うので...

会計事務所の職員は顧客の店舗まで出向いて仕訳を確認したり、賃借対照表などの試算表を用いて社長と一緒に経営分析を行います。まだ若い頃から、社長を直接サポートしながら仕事をすることが可能です。若い社員が社長と会社の未来を話し合えるのは、会計事務所ならではの特徴といえます。コンサルタントや相談役となって、企業経営に関わっていくのが仕事です。自分が学んだことや経験を、顧問先に還元できます。資金繰りや節税対...

トップへ戻る